11月16日土曜日、中野区が主催する「なかのエコフェア2019」にブース出店をしてきました。

 

会場は「楽しい!遊べる・学べるエコアクション!」をテーマに、中野区に事業所がある企業や団体、そして中野区と交流がある全国の自治体など31のブースで体験や取り組みのプレゼンテーションが行われてました。
SATO COMPANYはパレットと木片を大量に持ち込んで、パレット迷路を制作!

廃棄される材料で遊具を作り、楽しみながら資源回収とリサイクルによる新しい価値の創造を体感してもらうべく展開した
その名も「ワクワクパレット迷路大作戦!」
パレット迷路にチャレンジする子供達に、迷路の中央エリアに山積する木片を回収してきてもらい、その木片をペイントしてこれまたパレットのキャンバスに貼り付け、巨大マルパンダアートを完成させよういう体験アトラクションでした。

 

各ブースとも多くの親子連れで賑わっていましたが、我々のmarupaブースも多くの子供達で大盛況!
色を塗る、木片をはる、いづれも子供達の個性や特徴があってとても関心させられた一日でした。

 

マルパンダ書き割り出現!中野区長も迷路チャレンジしてくださいました。

 

会場の様子